A&A ROBOT TECHNOLOGY COMPANY|JIG-SAW株式会社

NEWS

GMOクラウドとJIG-SAW、IoTサービスの共同開発・連携で協業

2017年5月26日

GMOクラウドとJIG-SAW、IoTサービスの共同開発・連携で協業

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:青山満、以下GMOクラウド)とJIG-SAW株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山川真考、以下JIG-SAW)は、GMOクラウド社が提供する『IoTの窓口』における提携パートナーとして、IoT領域で協業することに合意いたしました。

 クラウド・ホスティング事業者として、20年以上にわたりインターネットの発展に貢献してきたGMOクラウドと、膨大なビッグデータの監視・運用・A.I.による自動データコントロールの最先端サービスを保有するJIG-SAWのノウハウを活かすことで、IoTデバイスとデータマネジメントの連携による新たなサービスの開発・ビジネスの実現に向けて共同で取り組んでまいります。

◆『IoTの窓口』について( https://www.iotnomadoguchi.com/
 『IoTの窓口』は、GMOクラウドが2017年5月に開設した、IoT活用における企業のビジネス課題に対して、IoTコンサルタントによる無料相談から、企画・開発、製品・サービス化まで一貫してサポートするサービスです。今後『IoTの窓口』において、GMOクラウドが提供するIoTデバイスにおける、JIG-SAWのマルチデバイス自動監視システム『puzzle』等を活用したデバイスマネジメントサービスの検証や、新規IoTデバイス(プロトタイプ)の共同開発を行ってまいります。

◆ GMOクラウド株式会社について ◆
 1996年のサービス開始以来、ホスティング事業者として13万を超える法人のお客様のサーバー運用実績と国内およそ6,700社の販売代理店を有しています。2011年2月にクラウドソリューション「GMOクラウド」を立ち上げクラウドサービス事業に本格的に参入して以降、クラウド事業に主軸を置いて国内のみならず世界へ向けてサービスを展開し、グローバル企業を含む多くの企業に最適なITインフラを提供しております。
 また、2007年より「GlobalSign」の電子認証サービスを連結会社のGMOグローバルサイン株式会社を中心にベルギー、英国、米国、中国、シンガポール、フィリピン、インド、ロシア、ドバイの拠点よりグローバルに展開しております。

本社:東京都渋谷区
代表取締役社長: 青山満
事業内容:クラウド・ホスティングサービス事業・セキュリティ事業・ソリューション事業
証券コード: 3788(東京証券取引所市場第一部)
URL: https://www.gmocloud.com/

◆ JIG-SAW株式会社について ◆
 無線通信モジュール開発(LTE や LPWA などの新たな通信技術への対応)、データ収集プラットフォーム、デバイスとクラウドの中間位置でデータ一次処理を閉域ネットワーク環境内で実現するエッジコンピューティング、IoT システムのインテグレーションまで、IoT バリューチェーンにおける End2Endでのサービス提供が可能であり、あらゆるデバイスの正常性動作監視に必要なデータを自動取得し、必要に応じてデバイスの自動リモートコントロールを実現します。

本社: 東京都千代田区
代表取締役: 山川真考
事業内容:A.I.制御によるIoTデータコントロール及びロボット型ソフトウエアモジュール群による全自動IoTプラットフォーム及び分散型E2Eデータコントロールアーキテクチャー(分散レジャー)及びMEC(Mobile Edge Computing)基盤提供、次世代リアルタイムOS・最先端各種チップモジュール群及び通信制御技術の研究開発等を軸に、ビジネスシステムの最適制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースにした全産業の自動化・分散化・シェアリング化を加速させる次世代のA&Aロボットテクノロジーカンパニー。OS技術及びグループ会社のMobicomm社による組み込み技術及び専用ソフトウェアのバランスチューニングによる分散型エッジ超並列高速処理技術、超高速通信技術、ゼロ消費電力通信技術及び色・信号制御技術を保有。
証券コード: 3914(東京証券取引所マザーズ)
URL: https://www.jig-saw.com/

PDF版はこちらをご覧ください。

CONTACT

サービス導入に関するご相談やご不明な点などお気軽にご連絡下さい。