A&A ROBOT TECHNOLOGY COMPANY|JIG-SAW株式会社

A&A ROBOT TECHNOLOGY COMPANY|JIG-SAW株式会社

NEWS

Altair SemiconductorとJIG-SAW、インダストリアルIoT分野において業務提携 ===English version follows Japanese===

2018年11月21日

===English version follows Japanese===
Altair SemiconductorとJIG-SAW、
インダストリアルIoT分野において業務提携

~AltairのセルラーIoTテクノロジーとJIG-SAWの自動化(A&A)技術のサービス連携~

IoT向けA&A(Auto sensor-ing and Auto Direction)ソリューションのリーディングカンパニーであるJIG-SAW株式会社(東京都千代田区、以下JIG-SAW)は、セルラーIoTチップセットのリーディングプロバイダーであるAltair Semiconductor(アルティアセミコンダクタ 本社イスラエル:以下アルティア)は、グローバルでのインダストリアルIoT(以下IIoT)分野で、LTEとセンサー活用のIoTエッジサービスの開発で業務提携したことを発表いたします。

この提携はAltairのデュアルモードCat-M / NB-IoT ALT1250チップセットとJIG-SAWのソフトウェア制御テクノロジーを組み合わせることで、ユーザーはエッジ領域において、新しいIoTビジネスモデルの構築が実現可能となります。ターゲットマーケットは、まず、IoTのセンサーを活用が可能な倉庫内の運用管理や機械・機器装置のモニタリング、物流のトラッキングなど、多方面に想定しています。

JIG-SAW最高執行責任者 COO の尾﨑博人 は、「Altair Semiconductorとの提携により世界中のIoTユーザーにエンドツーエンドで消費電力とコストが最適化されたLTE対応ソリューションを提供できることを嬉しく思います。クラウドだけではなくLTEモデムチップレイヤーにおいても制御が可能であり、高度なモニタリング品質と安定かつ一貫したサービスを提供できることは、急速に拡大するIoT市場のユーザーにとって極めて大きな価値になります。」と自信をみせる。

この両社の取り組みにより、接続されたIoTデバイスを持つユーザーは、モデムチップ接続を介して、個々のデバイスとそのステータスを制御およびモニタリングすることが可能になります。さらに、自動制御サービスにより、ユーザーはアラートの通知を即座に受けることが可能です。

Altairの事業開発兼マーケティング担当副社長であるIlan Reingold氏は、「Wi-Fiは、多くの産業用IoTアプリケーションで常に最適であるとは限らず、一方セルラー網は信頼性、安全性、低コストでクラウドに接続するための戦略的な手段となります。JIG-SAWとの取り組みにより最も安全で効果的なLTE対応ソリューションをグローバルのIIoTマーケットに提供できることにとても興奮している。」と大きく期待を寄せる。

この取り組みは2018年11月下旬(26日~30日)にて、米国ラスベガスで開催されるAmazon Web Servicesのイベント(re:Invent2018)のJIG-SAW展示ブースで紹介されます。 なお、サービスの提供開始は2019年春を予定しております。

【 JIG-SAW株式会社について 】
JIG-SAW株式会社は人工知能制御によるIoTデータコントロールサービス及びAIアルゴリズム群による全自動IoTプラットフォーム及び分散型E2Eデータコントロールアーキテクチャー(分散レジャー)及びMEC(Mobile Edge Computing)基盤提供、次世代リアルタイムOS・最先端各種チップモジュール群及び通信制御技術の研究開発等を軸に、ビジネスシステムの最適制御・運用技術「オペレーションテクノロジー(OT)」をベースにした全産業の自動化・分散化・シェアリング化を加速させる次世代のA&Aロボットテクノロジーカンパニー。OS技術及びグループ会社のMobicomm社による組み込み技術及び専用ソフトウェアのバランスチューニングによる分散型エッジ超並列高速処理技術、超高速通信技術、ゼロ消費電力通信技術及び色・信号制御技術を保有。

【 Altair Semiconductorについて 】
ソニー株式会社のグループ企業で、イスラエルを拠点とし、高性能で低消費電力、低コストなIoT向けLTEモデムチップを提供。

Altair社リリース:https://altair-semi.com/press-releases/

PDF版はこちらをご覧ください。


JIG-SAW and Altair Semiconductor Partner on LTE-Enabled Sensors for Industrial IoT
Alliance Leverages Altair’s Cellular IoT Technology and JIG-SAW’s Expertise in Automation Solutions

TOKYO, Japan– November 21, 2018 – JIG-SAW Inc. (jig-saw.com), a leading provider of A&A (Auto sensor-ing and Auto Direction) solutions for IoT, announced today it has partnered with Altair Semiconductor (www.altair-semi.com), a leading provider of cellular IoT chipsets, to develop LTE-enabled sensors for a wide variety of global industrial IoT applications.

The partnership combines Altair’s dual-mode Cat-M/NB-IoT ALT1250 chipset with JIG-SAW’s software control technology to enable developers to create new IoT business models that can drive new efficiencies across their organizations. Potential market applications include IoT sensors for warehouse site management, equipment monitoring, logistics, and more.
“We are pleased to partner with Altair Semiconductor to bring end-to-end, power and cost-optimized LTE-connected solutions to IoT users around the world,” said Hiroto Ozaki,Chief Operating Officer of JIG-SAW. “The IoT market is expanding rapidly, and enabling control not only via the cloud, but also within the modem chip layer, offers significant value for IoT users by providing high monitoring quality and stabilized, consistent services.”
The collaboration will enable users with connected IoT devices to control and monitor individual devices and their statuses at all times via a modem chip connection. Additionally, auto-control services will enable users to address alerts in a timely manner.
“Because Wi-Fi is not always feasible or efficient for many industrial IoT applications, cellular is a strategic alternative for reliable, secure and low-cost connectivity to the cloud,” said Ilan Reingold, VP of Business Development and Marketing for Altair Semiconductor. “We are excited to collaborate with JIG-SAW to bring the most secure and effective LTE-enabled solutions to the global industrial sensors market.”

The integration will be demonstrated by JIG-SAW this month at re:Invent 2018, the Amazon Web Services annual user conference, in Las Vegas from November 26 – 30. The service is scheduled to launch in the Spring of 2019.

# # #

About JIG-SAW
JIG-SAW INC. provides auto sensor-ing and auto direction (A&A) services in Japan and internationally. The company offers end to end IoT data control service by A&A, including hardware and software, and signal control core technologies. It also provides HW, SIM, and DSP technologies that enable A&A of data sources; and edge boards, GW, routers, and networking equipment. In addition, the company develops server-dedicated Linux OS; and provides an automatic operation service, as well as value-added system monitoring and management services. Further, it provides Puzzle, a monitoring system. The company was founded in 2001 and is headquartered in Tokyo, Japan. www.jig-saw.com/en

About Altair Semiconductor
Altair Semiconductor, a Sony Group Company, is a leading provider of LTE chipsets for IoT. The company’s flagship ALT1250 is the smallest and most highly integrated LTE Cat-M and NB-IoT chipset, featuring ultra-low power consumption, hardware-based security and a carrier-grade integrated SIM. Altair partners with leading global OEMs and ODMs, including Sierra Wireless, Murata and WNC, to provide low-power and cost-efficient modules for a range of industrial and consumer IoT applications such as trackers, smart meters, wearables and vehicle telematics. Altair’s chipsets have been commercially deployed on the world’s most advanced LTE networks, including AT&T, Verizon, Vodafone, Softbank, KDDI and China Mobile.
For more information, visit www.altair-semi.com. Follow Altair on Twitter: @AltairSemi

Release:https://altair-semi.com/press-releases/

PDF is here.

CONTACT

サービス導入に関するご相談やご不明な点などお気軽にご連絡下さい。