NEWS

SERVICE&PROJECT
2021.06.10

JIG-SAW、米国Google Cloud IoT CoreとNEQTOの統合ツールを発表。Google Cloud Marketplaceを通じ、世界中のユーザーが利用可能に。

2021年6月9日(現地時間) – Google Premier PartnerであるJIG-SAWの米国法人JIG-SAW US, INC.(米国サンフランシスコ、以下JIG-SAW US)は、本日、新たな統合ツール「NEQTO CloudSync」を発表しました。
今回JIG-SAW USが発表した「NEQTO CloudSync」は、Google Cloud Marketplaceを通じて世界中のユーザーが利用可能です。

Google Cloud Marketplace

「NEQTO CloudSync」により、エンタープライズユーザーは、保有するマシンや機器・デバイスを、即座にGoogle Cloudの環境に同期させ、データを送受信することが可能になります。
また、NEQTO対応の各種IoTモジュール(NEQTO Bridgeシリーズ、Spresense®をはじめ、OEM先も含めた各社モジュール)に「CloudSync」の新機能が付加されることになり、ハードウェアとしての価値がより一層向上します。

JIG-SAW USのCEO Tomo Oeのコメント
「NEQTOとGoogle Cloud Platformを接続するNEQTO CloudSyncの導入は、パートナーやユーザーに革新的な体験をお届けするという当社のミッションにおける重要なマイルストーンです。」

JIG-SAW「NEQTO CloudSync」の利用を可能としているGoogle Cloud Marketplaceは、Googleが正式にセキュリティ上の脆弱性等を検証した統合ソリューションを幅広く提供しており、大多数のユーザーのITニーズをカバーしています。
また、ユーザーは、このMarketplaceにおいて、Google Cloud上で動作する機能的なソフトウェアパッケージを迅速に導入することができます。
Compute EngineやCloud Storageなどのサービスに不慣れな企業であっても、ソフトウェア、仮想マシン(VM)インスタンス、ストレージ、ネットワークの設定を手動で行うことなく、使い慣れたソフトウェアパッケージを起動し、活用することができます。
ユーザーは、ソフトウェアパッケージを即時導入し、アプリケーションが追加の容量を必要とする場合には、拡張することも可能です。

NEQTOについて

NEQTOは、エンタープライズレベルのIoTソリューションを迅速に提供することで、ROIまでの時間を大幅に短縮します。
NEQTO Consoleにより、高速でのリモート開発が可能であり、IDEやPCとの有線接続はせず、Webブラウザにより、JavaScriptでビジネスロジックを開発・実行することが可能です。

NEQTOは、マシンの接続やセキュリティからデバイス管理までのすべてをカバー、ユーザーは、自社のビジネスに集中することができます。
時間や多大なコスト、つまり、組み込みハードウェア開発チーム、ネットワーク認証、複雑なアンテナ調整やクラウド開発環境、ネットワーク通信のセキュリティ確保のための多大なパワー等を必要とせず、エンタープライズレベルのIoT展開を、限りなくスピーディーかつシンプルにするソフトウェアサービスです。

*Google Cloudは、Google LLC.またはその関連会社の商標です。

JIG-SAW USについて

JIG-SAWのグローバルIoT米国法人JIG-SAW USは、LTE対応IoT技術のリーディング企業です。
JIG-SAWは、「Impress DX Awards 2019」における「エッジコンピューティング/デバイス部門」でグランプリを受賞した無線・セルラー通信エンドツーエンドIoTエンジン「NEQTO」を提供しています。
NEQTOは、各種機器・エッジデイバスとあらゆるクラウドとの自動接続が可能な組み込みエンジン(ソフトウェア)です。

JIG-SAW US, INC.
https://neqto.jig-saw.com/
156 2nd Street, San Francisco, CA 94105
Contact:inquiry@us.jig-saw.com

JIG-SAW株式会社
https://www.jig-saw.com/

  • 東京本社/東京都千代田区大手町1丁目9番2号
  • 東京 | 札幌 | サンフランシスコ | トロント